a

セミリタイアして自由な人生を!

セミリタイアや投資の事について感じたことを書きたいと思います。

台湾 台東周辺のサーフポイント②

台東周辺のサーフポイントの続き

宜湾の次で出来そうな所は、更に数キロ北上した烏石鼻漁港という所。 

この辺りからサーファーはほとんどいない。

ここは、風を躱(かわ)しそうな感じ。

車を停める所がない感じ。

道路に停めて頑張って歩くか、四駆なら砂浜まで行ける細い道がある。




その次で良かったのが、ポイント名は不明だが東昇養殖場というところの近く。

下は大きな石で要注意だが、マシンブレイクだった。

砂浜は、ほとんどなくサイズが大きい時は、上がる時が大変かもしれない。

オススメはしないが、入るならブーツ履いたほうが良いだろう。

f:id:masahiro75130:20180317133156j:plain





この次に発見したのは、台東跑者之家 Runners' House Taitungという民宿の目の前。(长滨)

民宿から30メートル位歩いたところに、何とか浜まで下りれる超細い道がある。

比較的分厚いブレイク。

f:id:masahiro75130:20180317133610j:plain




ここで波乗りしてたらオジサンが話しかけてきて、もっと良いポイントがあると言われる。

更に北上した所で、民宿の私有地を通過しないと行けないポイント。(长滨)

オジサンは、その民宿で挨拶すれば通ってもいいよと言っていた。

だが、大勢はダメとの事。

それにしてもキレイな波だった。




その次にできそうなのが、15キロ位北上した八仙洞と言うところ。




次は、中々見付からず、(実際にいい波は発見したが、道がなかったりホテルのプライベートビーチみたいな所だった)磯崎海水浴場という所まで走る。

波は良いのだが、現在海水浴、波乗り禁止中。

f:id:masahiro75130:20180317135501j:plain

f:id:masahiro75130:20180317135810j:plain



 
その先に、磯崎國小というポイントがあるが、その日はよくなかった。

f:id:masahiro75130:20180317140210j:plain




その先は、花莲まで、適当に波チェックをしたが、人は全く居なかった。
 
細かい場所などは忘れてしまったので、改めて調査したいと思う。



ちなみに東海岸は冬が波乗りシーズンらしい。



終わり)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

台湾 台東周辺のサーフポイント

有名な所だと金樽,东河辺りで、日本人が比較的多いポイントだが、風の影響を受けやすい様に感じた。

この辺の情報については、色々なサイトに情報が乗っていて、サーフショップも数件ある。

日本人に有名なのは、熱帯低気圧というショップで、ほとんどが日本人宿泊客な感じ。



10キロ位南に都蘭という小さな町にもサーフショップがある。

WaGaLiGong 哇軋力共という南アフリカ人が経営しているショップに何度か寄ったが、スタッフいわく、客の99%が欧米人らしい。

f:id:masahiro75130:20180316131513j:plain


东河から10キロ位北に都历(Douli)というポイントがある。

ここは、やや空いている様に思えるが、その分は波のクオリティはやや劣るかもしれない。


さらに北にいくと成功という街が、あり近くにリーフのポイントがあり、毎回マシンブレイク。

ここも日本人率が高く、波の数の割には、混んでいる、と言っても日本に比べれば空いているが。

注意した方がいいのは、ブレイクポイントまで右側の湾の方から長距離パドルをしなければならない。

また、大きめの波のときにパーリングすると、目の前が岩だったりするので、初心者は特に要注意。

ポイント名は基翬漁港らしいが、場所がすこし違うような気もするが…

f:id:masahiro75130:20180316132422j:plain

f:id:masahiro75130:20180316132714j:plain



さらに北に行くと、日本語のサイトにはポイント情報がほとんど見当たらない。

良さそうな波があれば、車を止めて波チェックをしたのだが、なかなかポイントまで行くための道がない。

道があっても砂浜がなかったり…

だから自分が確認した限りだと次のポイントは宜湾という所で、実際に何台がサーファーの車が止まっていた。

ここは、宿泊したイギリス人オーナーによると風をかわすポイントらしい。

浅い所は、リーフ(大きな石?)があるので、ブーツあった方が良いかも。

f:id:masahiro75130:20180316134440j:plain


f:id:masahiro75130:20180316134521j:plain


とりあえず今日はここまでにして、また改めて続きを書きたいと思う。



終わり)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

台湾 恒春/墾丁旅行④

その後も、日本に1週間位帰ったり、沖縄旅行をしたりで断続的に台湾に滞在中。



今日は、台湾の物価について。

台湾の南部、東部に関してしか分からないが、外食はザックリ日本の半分位の価格で、あまり外すことは無い。

シンプルな麺なら40台湾ドル(1台湾ドル3.6円位)からあり、ご飯、肉系おかず、野菜系おかずでも100ドルで食べれる。

台湾ビール30ドル(350ml)から。

その他飲料水も大体日本の半分位の印象。



物は比較的高い。

あくまでも相対的に高いと言う意味で、価格自体は日本と変わらない。

でも品質は日本の方がいいから割高か。


f:id:masahiro75130:20180309125852j:plain

f:id:masahiro75130:20180309130055j:plain

f:id:masahiro75130:20180309130439j:plain

鸭肉(アヒルの肉)。

自分には他の肉と違いが分からないが。




f:id:masahiro75130:20180309130812j:plain

f:id:masahiro75130:20180309130927j:plain

f:id:masahiro75130:20180309131018j:plain

朝食兼昼食。



コインランドリーは、40ドルから。

乾燥5分10ドル

f:id:masahiro75130:20180309131200j:plain

f:id:masahiro75130:20180309131256j:plain


ガソリンはレギュラー(95というやつ)で、リッター27-28ドルだから日本より少し安い感じ。


今日はここまで。

また少しづつ書いていきたいと思う。




終わり)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

台湾 恒春/墾丁旅行③

また、暫く更新しなかったが、その後は、恆春の民宿を拠点にしながら、時々サーフィンしながら、ダラダラ過ごす。

今回は、長々いい波に当たらなくて残念だったが、食事が美味しいのと気候が温暖なので、体調は良い。

日本では、寒さのせいもあり、蓄膿症に罹ったり、風を引いたりしたが、こちらに来てすぐに治ってしまった。(笑)

やはり、人間体温が下がると病気になりやすいんだと思う。

気候に関して一つ注意した方がいいのは、台湾南部はまず、暖房がない事。

いままで、真冬でも最高気温20から25度くらい、最低気温が15度くらいはあり、全然暖房の必要性を感じなかった。

しかし、今回は、最高が18度、最低が10度位まで下がり、パーカーしか持って来なかったので何日か結構厳しい日を過ごした。

まぁこんなに寒くなるのは、1年の内数日らしいので耐えられるが、台北などは、南部よりも全然寒いのに暖房ない家が結構あるらしいので、そこは注意したほうが良い。



Jennyに借りた車が途中で、故障しその後は、原チャリでの移動でかなり面倒だったが、こちらで知り合った民宿のオーナーと新車を共同購入し、一昨日納車されたので、早速昨日から台湾東部の台東という所に150キロ程移動してきた。

全部で280万くらいで、とりあえず半分位払い、自分が今後訪れる予定の冬の3ヶ月は自由に使わせてもらう。

それ以外の時期は、民宿のレンタカーまたは、ゲストに対しての観光ツアー用に使用する予定で、その利益の一部を自分にも還元してくれるとの事。

毎年、3ヶ月もこちらに滞在するか分からないが、せっかく買ったのでなるべくくる予定。

台湾のレンタカー代は非常に高く、コンパクトカーでも1日1800台湾ドル(7000円位)とかする。

今後毎年数ヶ月滞在するなら、経済性、便利性を考慮し、購入した。

それにしても、何で台湾はこんなに高いんだろう???

あのオーストラリアでさえ、フルプロテクション保険に加入しても、1日5000位だったのに。




その他、こちらの食べ物などについてもまた記事にしていきたいと思う。


f:id:masahiro75130:20180211112238j:plain



終わり)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

台湾 恒春/墾丁旅行②

12/31に高雄空港に到着。

まず、暖かい!

この時間でまだ20度はある。


バニラエアの到着時間が23時位なので、今回は高雄市内に泊まることに。

以前は、空港で寝たりしてたが、現在は禁止だと思う。

跨年(年越し)と言うことで、1番安い所でも結構高かった。

シングルルームで6530円。

ホテルまでタクシーで10キロ位で確か330ドル位。

(1ドル 3.8円位)

f:id:masahiro75130:20180202195531j:plain

f:id:masahiro75130:20180202195658j:plain

f:id:masahiro75130:20180202195834j:plain

翌朝、バイキング朝食を食べて、出発。

まず、サーフィン様にコンタクトレンズ購入。

日本同様、度数分かればすぐに購入可能。

f:id:masahiro75130:20180202200256j:plain


その後、地下鉄と高速バスで恒春まで。

f:id:masahiro75130:20180202200456j:plain

f:id:masahiro75130:20180202200747j:plain

電車は20ドル位、バスは、確か往復で600ドル位。

2時間半位で到着。

f:id:masahiro75130:20180202202101j:plain

去年の3月以来、懐かしい。

まず、肉入り麺を食べる。(70ドル位)

肉無しなら40からある。

f:id:masahiro75130:20180202202503j:plain

その後、甘いものを。

f:id:masahiro75130:20180202202819j:plain


その後、友達のジェニーが働いているホテルに行き、車を借りる。

タダでいいと言ってたけど、ある程度は払わないと。

f:id:masahiro75130:20180202203132j:plain

f:id:masahiro75130:20180202203342j:plain

f:id:masahiro75130:20180202203458j:plain

まず南湾に行くが、波なし。

次に佳乐水。

f:id:masahiro75130:20180202203934j:plain

f:id:masahiro75130:20180202204101j:plain

時間も遅かったので、今日は、やらない事に。


その後、別の友達のエマにお土産の八ツ橋を渡しに行くが、彼女が働いているホステルで客がBBQをするらしく、参加する事に。

全員、台湾人の上、それほどコミュ力高くないので、少し厳しいが何とか頑張るか。

f:id:masahiro75130:20180202221206j:plain

f:id:masahiro75130:20180202221403j:plain

f:id:masahiro75130:20180202221528j:plain

細かい話の内容は忘れたが、こちらでは、とにかく男がよく動き、焼くのも全部男の仕事で、女はリラックスみたいな感じ。
 
女性は親切な人が多く、頼んでもいないのに、中国語の発音、単語を丁寧に教えてくれる。

日本でこんな感じだと勘違いする人多いだろうな。


f:id:masahiro75130:20180202221940j:plain

ホステルに戻り寝ようとすると、侵入者が。




終わり)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

台湾 恒春/墾丁旅行①

かなり久しぶりの更新。

途中10日程の帰国を挟んで、12/31から台湾最南端に滞在中。


目的は、温暖な気候と中国語の勉強とサーフィン。

ここは、もう4回目で以前も記事にしたので、それほど目新しい事は多くない。

まず、気温は、日中の最高気温が22-25度位、最低気温が15-20度位で、最高である。




中国語は、使用する漢字が繁体字と言って中国の简体字とは少し違うが、ほぼ全員が中国語(ここでは、中文または、国语という)を話すので、勉強はできる。

発音は、中国の東北地方とは全然違う。

広州などの南部に近いと思う。


サーフィンに関しては、この辺は、南湾と佳乐水の2箇所位しかないと思う。

その他、自分に取って大きな出来事といえば、ここで知り合ったホステルのオーナーと共同で新車を購入した事。

後は、台東に行き、波質の割に殆ど人がいない未開の地という事が良い発見。

大分、前の事で忘れているが、少しづつ更新で切れば良いと思う。



f:id:masahiro75130:20180201190817j:plain


終わり)










 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国 大連旅行⑨大连

その後、体調を激しく崩してしまい、ひたすら寝てそのまま帰国。

やはり、寒すぎる所に行ったためか、風を引いてしまった。

この旅行は、移動時間がかなり多かったため、それによる疲労も原因かも。

まぁ、中国の僻地の人々の生活を垣間見れて面白かった。



費用は、全部で74631円。

そのうち、航空券が、3万位。

殆ど夜遊びもしなかったので、友達に食事などおごりまくったけど、これしかかかってない。

電車代も、移動距離の割には安くて、1万ちょっと。

宿は、相部屋で一泊600円位、個室で、1700円位。

その他、時間が経ちすぎて忘れてしまった。


やはり、自分にとって、旅行で1番大切なのは気候かも知れない。




終わり)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村