a

セミリタイアして自由な人生を!

セミリタイアや投資の事について感じたことを書きたいと思います。

理想の配当性向(DPR)について

配当性向とは、利益に対する配当の割合である。

どれくらいの割合が、良いのか?

これは、その人の投資スタイルや企業の成長力や企業が現在の利益を維持するために必要な投資額などにより違うと思う。

理論的には、成長が見込める新事業がたくさんあり、利益を全てそこに投資し、配当で還元する以上に利益を増やせるなら、配当はゼロが最適。

しかし、現実的にそれが継続する事はない。


だから、自分の場合は、

①まず現在の利益を維持するための再投資が、出来るだけ少なくても良い企業に投資する。


維持するためだけに再投資がたくさん必要なら、当然、投資家に還元される額は減るから。

例えば、タバコ事業とか、バフェットがいう"堀に守られてる(economic moat)企業など。

本当に優秀な企業のキャッシュフロー計算書を読むと、現状維持のための再投資がそれほど必要ではない上、勝手に毎年FCFが増えていったりする。


②そして、これらの(FCF)が多い企業でも、企業によって、ある程度は内部留保するが、理想はFCFを全て配当と自社株買いに費やしてくれる企業。




あとは、これらをホールドしてるだけで、毎年配当と利益成長による株価上昇により、資産を増やせる可能性が長期的には高くなると思う。

自社株買いか配当か?その割合は?というのは、その時の株価が割高かどうかによるが、自分はどちらかというと、全て配当での還元が理想。

税金が徴収されるが、ある程度は申告により戻る可能性あるし(配当控除や外国税額控除など)、配当をどこに再投資するか自分で決められるし、なにより配当は株価上昇による含み益と違いリアルな利益だからである。


と言う事で、タイトルの理想の配当は、100%!!



終わり)








にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

米国株のオプション取引に関して

以前、カバードコールCCW)とキャッシュセキュアードプット(CSP)を行っているという記事を書いたのだが、その後について。


結論から言うと、大失敗!!

理由は、ボラティリティー(変動)が激しすぎる。

DAWやSP500などのETFなら、利益を上げる事は、可能かも知れないが、個別株で自分のような素人は、相場のカモになるだけだと思う。 

バードコールの場合、権利行使価格以上の利益を放棄するだけで、損ではないと、一般的な本には記載されている。

しかし、海外株オプションは雑所得扱いで、本体の米国株は分離課税なので、オプションの損失を米国株の利益と相殺できないので、実際はマイナスだと思う。(もちろん、オプションの利益と米国株の損失も相殺不可)



もちろん、税金の事やボラティリティーの事など、取引を始める前に分かっていたはずなのに、自分の希望する未来だけを期待して、そうでない部分を過小評価したために起きた失敗。

自分は、常にフラットな心で物事を見るように心掛けているつもりだけど、感情(欲)というのは、それを妨げる強い力を持っていると思う。


人生を楽しむには、感情のボラティリティーが大きい方が良いと個人的には思うが、投資においては、最小限にするように、再認識しなければと思う。


もし、これからオプション取引を行いたいという人にとって、この記事が少しでも参考になれば良いと思う。(てか、日本で外国株オプション取引する人の割合ってどれくらいなんだろう?)


終わり)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

オーストラリア旅行 総費用

総費用は、レートを88から90円で計算。

7/31- 8/21(22日間)

331793円 プラス 空港から自宅(関東)までの交通費往復分。

(円)
航空券 97590
レンタカー 105232 
(フルプロテクション トヨタRAV4 4WD)
ビザ 1800
食費 56793
ガソリン 43592
(総走行距離 4650キロ、約1.25$/L)
駐車場 3555
SIMカード 7200 (23G分)
ドミトリー 1584
ランドリー 1408
その他、マットレス、寝袋、お土産などの日用品
13039


最終日以外は、車中泊したり、野菜、フルーツなどで節約したつもりだったが、結構な金額に。

ビール、ワイン代が食費の1/4以上いってるかも。

サーフィンするとやはり車が必要なので、これ以上の節約は厳しいだろう。


終わり)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

IBMに関して

この前、バフェット太郎という人とプレノンという人がブログ上でぷち炎上してた。

まぁ、お互いの投資方法についてかな。

バフェット太郎氏は、ジェレミーシーゲル系の配当再投資方、プレノン氏は成長株投資。
 
IBMに関してプレノン氏は全て売却し、バフェット太郎氏は保有株。

本物のバフェットも一部売却。


投資方法が違うため、噛み合うわけはないんだけど、誰がが正しいとかじゃないと思う。

もしかすると想定してる時間軸が違うだけで、それぞれの時間軸では最適解なのかも。



因みに自分は、140ドルちょっとで買い増し。

本当は買いまくりたいんだけど、貯金してないから(てかバイトの給料ほとんどないのに遊び過ぎで節約もしてないから)現金あんまりないので、少しだけど、自分のように放置プレー投資ならかなり美味しい状況だと考えている。


理由はやはりフリーキャッシュフロー

これがそれ程減少してない上、配当と自社株買いでほぼ100%株主に還元されてる。

さらに毎年しっかり増配してる。

これらの事実がある限り自分は何も心配してない。

仮に、売り上げが右肩下がりでも自社株買いでEPSがトントンに持っていければ、配当分はプラス。

まぁ、マーケットはEPSが急降下すると考えてるからこの価格だと思うが。

だから、急降下しなければこの価格なら投資で損する事はないと思う。

という事で、ドンドン買い増ししたいと思う。

今はとにかく株価が上がらないで欲しい。


逆に、減配やキャッシュフローが大きく減少したら売却すると思う。




終わり)








にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

オーストラリア旅行⑱帰国

8/21

5時半に起床し、ホステルでコーヒー(5ドル)とトースト(2ドル)食べて空港までホステルのシャトルで。

f:id:masahiro75130:20170825205715j:plain

f:id:masahiro75130:20170825205811j:plain

正午出発し、18時過ぎに問題なく成田空港到着。

f:id:masahiro75130:20170825210013j:plain

f:id:masahiro75130:20170825210052j:plain 

空港から自宅まで車で問題なく到着し、旅終了。




最近、大連に行って来たためオーストラリア人と中国人を比較する事が多い。

オーストラリア人は、自分の感覚では気の使い方が日本人に似ている気がする。

上手く説明出来ないが、皆が皆を尊重する事で社会がスムーズに行くと理解してる感じ。

だからそうする事でストレスが溜まってる様には見えない。

ただ、フレンドリーなのが、表面的に感じる部分もある。

国によっては都心より田舎のほうが、人が優しいと言うのはよく聞くが、オーストラリアは逆に田舎の方が、排他的な人が少なくないように感じた。



一方、大連ではお互い自分を思いっきりさらけ出しストレスを溜め込まない、発散する。

どちらが良いかは知らないが、日本のような閉塞感満ち溢れた空気はないので、どちらもそれで機能しているんだと思う。


自分に対しての対応は、オーストラリア人は差別とは言わないまでも、全体的に少し壁を感じ、日本には興味は全然ない感じ。

まぁ、ほとんど人との出逢いがない旅だったので分からない部分も多いが。

反対に中国では、日本人と分かると興味深々で質問攻め。


どちらが好きかは難しい所だが、せっかく海外にいるので、中国の方が色々な話がお互い出来て楽しいかも知れない。

オーストラリアは何よりも物価、特に食べ物が高すぎる割に全然美味しくない。

正直、経済的に余裕のある人じゃないと厳しいと思う。

自分は、暫くは行かない予定。

今度の夏は、北海道か高いけどニュージーランドが候補。

今は、暫くゆっくりして、また日本が寒くなってきたら中国語圏に行きたいと感じている。



終わり)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

オーストラリア旅行⑰Bilyana - cairns

8/20

7時頃起き、20-30キロ走った所で朝食。

f:id:masahiro75130:20170821072304j:plain

その後、Innisfailという町で、お土産購入。

ケアンズに近づきアボリジニ率が上がってきた。

f:id:masahiro75130:20170821072703j:plain

f:id:masahiro75130:20170821072758j:plain

f:id:masahiro75130:20170821072828j:plain


結局、160キロ位走り、ケアンズ市内に到着。

今日中にレンタカーを空港に返さないといけないので、今日はホステルに一泊して明日のフライト。

空港まで無料シャトルが走ってるcalypso inn backpackers resortに泊まる事に。

ドミトリーで18ドル。

f:id:masahiro75130:20170821073816j:plain

f:id:masahiro75130:20170821074139j:plain



夕方、空港にレンタカーを返却。

カウンターには誰も居なく、電話したら鍵を箱に入れて置くように言われる。

後でガソリン満タンかと車のキズを確認して、必要に応じてクレジットカードに請求するシステム。

帰りは、空港までホステルが迎えに来てくれる。



夕食は、近くのインド料理屋で。

f:id:masahiro75130:20170821074237j:plain

f:id:masahiro75130:20170821074729j:plain

f:id:masahiro75130:20170821074848j:plain

f:id:masahiro75130:20170821074928j:plain

f:id:masahiro75130:20170821075342j:plain

カレー2種類とライスのセットが9.95ドル。

骨付きチキンは1つ2ドル、2つで3ドルだが、別々に頼んだため4ドル。

かなり美味しい!

やはり、オーストラリアではアジアン料理なら安いし、外さない。



ここのホステルは若いバックパッカーが多いせいか比較的遅くまで歌を歌ったり、騒いだり。

アジア人は見なかった。

フランス人が多い。

ドミトリーでは、ワーホリ中のドイツ人とレズビアンのカナダ人と一緒だったが、ほとんど話す機会はなかった。

でもドイツ人は色々教えてくれてイイヤツだった。

捨てようか迷ってた寝袋とかプラスチックのフォーク、ナイフとかあげた。

オーストラリアのあとに、またニュージーランド行くとか言ってたけど、欧米ではワーホリ利用し様々な国に行けるだけ行くというのは普通なのかも。


終わり)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

オーストラリア旅行⑯guthalungra -Bilyana

8/19

6時半に起き、朝食食べてからゆっくり出発。

f:id:masahiro75130:20170820175941j:plain

フィッシュバーガー、7.5ドル。

大きすぎて普通にかぶりつけないので、フォークとナイフでなんとか。



今日も何でもない1日。

海沿いは何のトラブルもなく楽だが、飽きる。

やはり、少し内陸でトラブルあった方が、面白いかったかな。(笑)

f:id:masahiro75130:20170820180311j:plain

f:id:masahiro75130:20170820180337j:plain

f:id:masahiro75130:20170820180423j:plain

途中、火事に遭遇。


この辺になると中々、車中泊出来そうな所が見つからない。

QLD州は、指定場所以外、車中泊禁止のため、そこら辺では寝れない。

休憩所は何ヶ所か通り過ぎたが、キャンプ、overnight stay 禁止のマークあり。

何とかBilyana rest areaという所が20時間までの滞在可能なので、ここを今夜の寝床に。

f:id:masahiro75130:20170820181441j:plain

f:id:masahiro75130:20170820185704j:plain

3時半位に到着。

近くに食べる所がないため、行きに寄ったcardwellまで20キロ以上戻ることに。


また、フィッシュアンドチップス。

crumb(パンくずで挙げたもの)が11,1ドル

これが1番パリッとしてて好きな揚げ方。

f:id:masahiro75130:20170820194521j:plain

f:id:masahiro75130:20170820194930j:plain


1日運転してると、多分50匹位の車に轢かれた動物を見る。

本能的に避けないのが不思議で仕方ない。

動物の遺伝子には、車という存在が織り込まれていないということか…


走行距離、400キロ位。

終わり)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村