a

セミリタイアして自由な人生を!

セミリタイアや投資の事について感じたことを書きたいと思います。

台湾2019年1-3月①花莲で賃貸(家賃はいくら位か?)

また、だいぶ更新していなかった。

今回は、1月11日から3/31まで。
途中2回確定申告をなどのために帰国。
目的は、暖かい気候とサーフィン。

仕事などもなしに毎日サーフィンなどで過ごすのも少し飽きてくる。


南の恒春からスタートし、台東でサーフィンしたり、台湾の友達と台北、台中など西側を一周したあと、今は地震のあった花莲という都市で過ごしている。

結論から書くと、生活費が安く、街の規模もコンパクトで、波も良く、それほど人も多くなく、自分にとっては最高の街である。

3月末までここに滞在を決めた。

ずっと、車中泊していたが、少し疲れてきたのと、机が欲しかったため、昨日から部屋を借りた。

台湾の賃貸サイトで適当に調べたところ、ほとんどが半年とか1年とか。

でも一つだけ1ヶ月OKのとこがあったので部屋を見せてもらいその場で即決。

1ヶ月4650元だったが、1ヶ月契約と言う事で500元増しになったが、それと敷金4000元支払い契約終了。

日本のように保証人だとか収入の審査だとか本当に何もなく、ただパスポートコピーしただけで、非常に楽である。

日本なら、外国人という時点で、アウトの所が多いだろう。

下記のサイトから探した。

水道料金込、電気は使用分を支払い、Wi-Fiあり、テレビ、冷蔵庫、ベッドあり。

https://rent.591.com.tw

https://www.rakuya.com.tw/search/rent_search/


f:id:masahiro75130:20190228193229j:plain

f:id:masahiro75130:20190228193304j:plain

f:id:masahiro75130:20190228193319j:plain

f:id:masahiro75130:20190228193332j:plain

f:id:masahiro75130:20190228193345j:plain

f:id:masahiro75130:20190228193358j:plain



終わり)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国旅行 - 2018年夏⑭(大連 →日本)

8/22

今日は、ついに帰国の日。

毎回、空港まで何も考えずにタクシーを使っているが、今回は他の方法も調べてみる。

バスでも行けるが、徒歩の少ない電車でいく事に。

百度という中国の地図アプリに目的地を入力すると、車、徒歩、電車、バスでのルート案内が検索される。

日本でもグーグルマップで同じ機能があるが、交通機関の時刻や最適ルートは百度ほど正確ではない気がする。

タクシーだと大体30-35元だが、電車だとわずか4元。

本当にバスと電車は、安すぎる。

まぁ、タクシーも十分安いが。

f:id:masahiro75130:20181011135936j:plain

f:id:masahiro75130:20181011135953j:plain

f:id:masahiro75130:20181011140006j:plain

大連空港に無事到着。

機内食を食べて、映画を観る。

f:id:masahiro75130:20181011140120j:plain


その後は、仁川国際空港(韓国)で乗り換え。

f:id:masahiro75130:20181011140107j:plain

f:id:masahiro75130:20181011140350j:plain

f:id:masahiro75130:20181011140414j:plain

f:id:masahiro75130:20181011140442j:plain


特に問題なく、成田空港に到着し、空港から高速に乗り帰宅。

f:id:masahiro75130:20181011140531j:plain

                                    • -

今回の旅は、中国の内モンゴル自治区での滞在日数が多かったが、地方ということもあり、日本はおろか外国人自体ほとんど遭遇しなかった。

外国人に今まで遭遇した事がない人達がほとんどだったと思う。

今回1番強く感じたのが、人口が多いのが原因だと思うが、親切な人と不親切な人との差が大き過ぎる事。

これは、当然、日本人又は、外国人に対して差別意識がある人も中にはいる。


その他は、フライトの突然のキャンセル、予約してるにも関わらず毎日宿泊出来ないなど、日本での常識(もしかすると世界中での常識かも)がほとんど通じなかった事。


また、インターネットに関しては、日本で一般的なyou tube, Google、アマゾン、Gmailなどは全く使えないため、vpnというサービスを利用する必要がある。

しかし、これを利用すると通信速度がかなり遅くなるので注意が必要。


滞在に関しては、ビザなしで15日まで可能、観光ビザで30日まで。


今回の旅は、予想外で納得の行かないハプニングが多く、ストレスが溜まった。

今は、全く中国には行きたいと感じていないが、また数年後におとずれで変化を感じるのも面白いかも知れない。



終わり)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国旅行 - 2018年夏⑬(内モンゴル - 海拉尔)

8/20

今日は、また海拉尔まで電車で戻る。

元々、海拉尔から電車で大連まで戻り帰国するつもりだったが、何と8月はじめの時点で、硬卧と软卧(寝台ベッド)は、売り切れていた。

何日かに分けて、普通に座って帰るかどうか迷ったが、結局、フライトで大連まで戻る事にした。

約1万5000円で2時間位。

しかし、当日牙克石から海拉尔に戻ろうとする時、一通のメールが来た。

内容は何と、フライトがキャンセルになったとの事。

かなり焦る。

なぜなら、21日夜中に大連に着く予定のフライトで、大連から日本へのフライトは22日午後。

すぐにフライトを予約したTrip.comに電話した所、翌日のフライト(22日夜中着)なら空きがあるという。

このフライトでも間に合うが、このフライトがさらに遅れない可能性は100%ではない。

一度保留し、少し考える。

再度、電車を調べるが、やはり寝台ベッドは空いてない。

色々考えて再度Trip.comに電話した所、翌日のフライトは空きがなくなったとの事。

(因みに理由を聞いたが、公開されていないとの事。

そんな馬鹿なことがあるのか??

今回の旅は、本当に常識が最後まで通じず苦労する。

そもそもなぜ理由もなく当日にキャンセルになる?)



と言うことは、電車しかない。

大連まで約24時間、ネット上の情報だと席はないので、席なし切符で帰るしかない。

今日(20日)夜発に乗れば、明日の夜に大連に着く。

電車なので遅延はあってもキャンセルは無いだろう。


それにしても、1700キロの距離を席無しで乗り切る事ができるのか??

考えただけでも恐ろしく、憂鬱になる。


とりあえず、海拉尔に到着次第、切符を購入し、行きつけの中華食堂へいく。

f:id:masahiro75130:20181003173726j:plain


彼が言うには、軍事演習でフライトキャンセルになった可能性があるとの事。

その後、またom快捷宾馆に戻り、夜まで充電したり、体を休めたり。

友達が言うには、食堂車にすぐに行き、毎食注文をすれば座り続ける事が可能らしい。

しかし、みんな同じ事を考えているはずなのですぐに満席になる気がする。

果たして席を確保できるのか?かなら不安である。


f:id:masahiro75130:20181003174116j:plain


しかし、実際に食堂車に駆けつけてみるとガラガラだった。

f:id:masahiro75130:20181003174345j:plain


f:id:masahiro75130:20181003174422j:plain

夕食を頼みその後、横になって朝まで何とか寝れた。

それからは、ほとんど空いてないが毎食頼み、沈阳という駅から硬卧を購入し、無事?大連に到着。

食堂車は思ったよりも快適であった。

f:id:masahiro75130:20181003174630j:plain

f:id:masahiro75130:20181003174701j:plain

f:id:masahiro75130:20181003174722j:plain

f:id:masahiro75130:20181003174740j:plain

f:id:masahiro75130:20181003174803j:plain


夜は、行きつけの食堂に行き、水餃子とビール。

f:id:masahiro75130:20181003174932j:plain

f:id:masahiro75130:20181003174945j:plain

f:id:masahiro75130:20181003174959j:plain


その後、いつものuniloftホステルに泊まる。


終わり)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国旅行 - 2018年夏⑫(内モンゴル - 牙克石)

8/16

ホテルが高いハイラルから牙克石へ移動。
ここは、安いかは分からないが、地図を見る限り小さい都市で、ネットで調べた所、ハイラルよりは安そうな感じ。

最も、ほとんどは、外国人不可だと思うので、また1件1件確認しなければならない。


f:id:masahiro75130:20180921153312j:plain

f:id:masahiro75130:20180921153556j:plain


電車で2時間位で到着。

駅前は思ったより栄えている。

早速駅前でホテルを探すが、招待所で30元から、宾馆で100元から。

招待所は、1件100元の所が外国人OKだが、それなら宾馆の方がキレイだし、プライベートバスルームが付いているので、招待所に泊まるメリットはない。

結局、窓ありの100元の部屋を90元にしてもらい泊まることに。

写真の通り、かなり室内はキレイだか、Wi-Fiが弱いのと、少し異臭がする。



f:id:masahiro75130:20180921154104j:plain

f:id:masahiro75130:20180921154122j:plain

f:id:masahiro75130:20180921154151j:plain



街に出て散歩するが、特に観光的な場所はなさそう。

因みにこの辺は、洗澡,保健,按摩が結構ある。

スペシャルサービスがあるのかは確認してない。



f:id:masahiro75130:20180921154353j:plain

f:id:masahiro75130:20180921154416j:plain

f:id:masahiro75130:20180921154459j:plain



何件か食べる所を見る。

バイキングは、25元。

f:id:masahiro75130:20180921154637j:plain

f:id:masahiro75130:20180921154707j:plain


今夜は洪烁快餐という小さな食堂でチャーハンを食べる事に。

肉片と野菜入を特注して、12元。

店員がこの辺の中国人にしては珍しく親切で感じが良かった。味もまぁまぁ。



f:id:masahiro75130:20180921155445j:plain

f:id:masahiro75130:20180921155501j:plain



もっと安そうなホテルがあると思い目の前のあまりキレイでない旅馆を見せてもらうが、何と外国人OKでさらに、中は比較的キレイな上、バスルーム付個室でわずか60元。

絶対にこれ以上の条件の所はないとその場で確信したため、翌朝行く事に。

中国では、基本的に前日泊まった客に翌日泊まる優先権があるらしく、現時点では予約出来ず、翌朝のチェックアウトの時間にはじめて泊まれるかわかるらしい。

最も、予約制のより高級ホテルは別だと思うが。


8/17

翌朝、早速そのホテルに行き、空きがあったため泊まることに。

f:id:masahiro75130:20180921160542j:plain

f:id:masahiro75130:20180921160609j:plain

f:id:masahiro75130:20180921160626j:plain

結局、その後も色々なホテルを見たが、より良い所はなかった。


ほぼ毎日通っていた食堂。

自分でオカズを選んで入れてもらうのだが、自分は毎日通っていたため15元位の具で12元にしてもらっていた。

f:id:masahiro75130:20180921160927j:plain

f:id:masahiro75130:20180921160953j:plain

f:id:masahiro75130:20180921161014j:plain


近くの牙克石门都公园まで散歩。

相変わらず皆運動している。

f:id:masahiro75130:20180921161508j:plain

f:id:masahiro75130:20180921161536j:plain

f:id:masahiro75130:20180921161604j:plain

f:id:masahiro75130:20180921161630j:plain



すごく親切な店員がいるスーパー、品揃えも比較的豊富。(晴晴果蔬超市)

いつも思うのだが、中国人は不親切な人間と親切な人間の差が極端なほど大きい。

日本人とわかり、差別する人間と逆にすごく親切にしてくれる人間と分かれる感じがした。

自分は必ず、親切な人の所で買うようにしており、それにより親切な所が儲かりそうでない所が淘汰されると言う市場原理が早く働けば良いと思っている。

f:id:masahiro75130:20180921161935j:plain

f:id:masahiro75130:20180921162130j:plain

f:id:masahiro75130:20180921162144j:plain

f:id:masahiro75130:20180921162833j:plain




毎日暇なので適当にバスに乗って郊外へ。

と言っても何もないが、

f:id:masahiro75130:20180921162413j:plain

f:id:masahiro75130:20180921162433j:plain

f:id:masahiro75130:20180921162447j:plain



この辺は、暗くなるのが、7時半頃。

f:id:masahiro75130:20180921162523j:plain

f:id:masahiro75130:20180921162543j:plain




結局、この街には20日まで滞在した。


終わり)













にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国旅行 - 2018年夏⑪(内モンゴル - 海拉尔)

8/11

今日は、予約していたanda international hostelに行く。(60元のドミトリールーム)

ブッキングドットコムに沢山の評価が付いているため、今回は大丈夫だと思うが、念の為昨日泊まったホテルにまた来るかもしれないと伝えて置く。

f:id:masahiro75130:20180915164306j:plain

f:id:masahiro75130:20180915164331j:plain


到着したが、営業停止の看板があり、隣のお店のおばさんに聞いた所、去年潰れたらしい。

毎日、毎日こんな感じでもはやギャグレベルであり、ブッキングドットコムの登録施設の管理の怠慢がよく理解出来る。

少なくともここ内モンゴル自治区での利用はやめた方がいいと思う。


その後、特に観光などせず、昼間は部屋でユックリし、夕方から散歩に行くという生活を繰り返していた。

f:id:masahiro75130:20180915165016j:plain

f:id:masahiro75130:20180915165038j:plain


ガソリンは、リッター7.42元(123円)なのでそれほど安くはない。

f:id:masahiro75130:20180915170346j:plain


食事は、相変わらずゆで卵、パンなど質素で胃に優しそうなもの。

f:id:masahiro75130:20180915170548j:plain

f:id:masahiro75130:20180915170902j:plain



別のホテル予約サイトトリップドットコムで発見した、安くて評判の良いホステルを発見したので散歩も兼ねて下見に行く事に。

f:id:masahiro75130:20180915165417j:plain

f:id:masahiro75130:20180915165437j:plain

しかし、ここは外国人は宿泊不可との事。


結局、12日まで同じホテルに泊まり、その後、以前泊まったom快捷宾馆にさらに3日ほど泊まる。
ここも前回90元だったのが、228元になっていた。
オーナーが住んでいる別館ならバスルーム共同で90元にしてくれる事に。

f:id:masahiro75130:20180915170222j:plain

f:id:masahiro75130:20180915170241j:plain

f:id:masahiro75130:20180915170306j:plain


その後、隣の小さそうな街、牙克石に移動する。


終わり)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国旅行 - 2018年夏⑩(内モンゴル - 海拉尔ハイラル)

8/9

結局、满洲里に3日ほど滞在し、海拉尔に戻ることにする。

f:id:masahiro75130:20180906132619j:plain

f:id:masahiro75130:20180906132638j:plain



この前まで泊まっていた旅館に泊まろうと電話した所、8月からピークシーズンと言うことで、80元から188元に値上がりした。
特別に150元にしてくれるとは言っていたがそれでも高く感じる。

その後、また予約サイトで60元のシングルルームを見つけたので予約する。

心配だったので事前に問題ないかホテルに確認するように依頼していたが、宿泊当日案の定、ホテルとの提携は終了下との連絡が、ブッキングドットコムからあった。

ちなみに、8/11にも同じホテルを別の予約サイトのアゴダで予約していた。

またサイト側が代替施設を探すと言っていたが、どうせ見つからないか、遅い時間に連絡がくる可能性が高かったため、前回泊まったホテル(呼伦贝尔鑫焱旅馆)に8/9と8/11泊まることに。

それにしても毎日疲れる。


f:id:masahiro75130:20180906133534j:plain

f:id:masahiro75130:20180906133408j:plain


近くの料理屋でオーナーと仲良くなったため何度か通った。

チャーハンが、8元から、ジャージャー麺が10元。
量が多くて食べきれないくらい。


f:id:masahiro75130:20180906133700j:plain

f:id:masahiro75130:20180906133718j:plain

f:id:masahiro75130:20180906133740j:plain

f:id:masahiro75130:20180906133758j:plain


隣の回転する鍋料理屋もこのオーナーが経営。

f:id:masahiro75130:20180906134029j:plain

f:id:masahiro75130:20180906134049j:plain

f:id:masahiro75130:20180906142546j:plain


彼は、まだ30代だが、上海で独立してお金をため、ここ海拉尔で、4人で4400万元(約7億2500万円)で開業したらしい。

本人は2090万元銀行からの借り入れ無しで出資したらしいが、上海でそんなに儲かったのか…

その地下一階のフロアーのお店全てを経営している。

売上と土地が上がり、6500万元になったら売却する予定らしい。

1ヶ月の売上240万元だが、経費を差し引き純利益はわずか2万元らしい。

f:id:masahiro75130:20180906141526j:plain


ところで、自分は中国でお店で食べるとお腹を壊す確率が高いが、油に原因がある気がする。

だから、今回はカップラーメンやパン、その他乾燥物ばかり食べていた。

飲料水は、主にミネラルウォーター、スポーツドリンク

f:id:masahiro75130:20180906141842j:plain

f:id:masahiro75130:20180906141901j:plain

f:id:masahiro75130:20180906141917j:plain

中国のチーズは甘く、日本のような塩分の効いたのは見当たらなかった。

f:id:masahiro75130:20180906142009j:plain

f:id:masahiro75130:20180906142029j:plain

f:id:masahiro75130:20180906142100j:plain

少し高めの価格のパン屋以外は美味しいのがほとんどなかった。、もちろん、高い料理屋は違うのだろうが、そんな余裕はないので我慢する。


終わり)









にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

中国旅行 - 2018年夏⑨ホテルの予約(内モンゴル - 满洲里マンシュウリ)

8/7

翌朝からホテル探しをする事に。

f:id:masahiro75130:20180903103121j:plain

f:id:masahiro75130:20180903103145j:plain



実際に現地に足を運んで1軒1軒値段を聞くが、1番安いバスルーム付個室で350元。

因みにこの辺りはドミトリーがあまりない。

何件かドミトリーや外国人可能な安宿(共同バスルーム)を見たが、正直臭かったり汚すぎて自分の感覚では厳しい。

無理ではないのだか、精神的な部分を考慮すると節約して不愉快になりストレスが溜まるより他で節約した方が良い。

結局、本来498元だったが、350元にしてくれたホテルに決定。

昨日は、絶対にもっと安い所が見つかると思っていたが、320元より安い所は見つからなかった。

この時期は旅行期のため、一気に値上がりするらしい。

また、海拉尔など近辺の都市に比べても全然高いらしい。

確かにロシアが目の前にあり、モンゴルの草原も近いし、人気の観光地なのだろう。

f:id:masahiro75130:20180903103212j:plain

f:id:masahiro75130:20180903103233j:plain

f:id:masahiro75130:20180903103248j:plain

f:id:masahiro75130:20180903103301j:plain


昼頃ようやくホテルで落ち着き、ブッキングドットコムとアゴダに当初予約した施設との差額を請求し、領収書があれば返金してくれる事に。

領収書の情報が十分ではないと後から言われ、再度ホテルに依頼し、大変だったので必ずその場で必要な情報が記載されているか確認する必要がある。

日本では当然な事が、中国では特別な事になる。

因みに必要な情報は、①ホテル名②自分の名前③宿泊料④宿泊日時だけである。



またこの時期は、ホテル予約サイトは忙しいらしく、トラブルが起きてメールしてもほとんど返信ないため電話する必要がある。

自分はLINE OUTを使用したため1分3円だったが、着信でも通話料を請求され、結局1万円以上になった。

こちらも通話明細書を送り返金してもらう事に。

この後も、ほぼ100%予約した施設に泊まれなかったため、毎日自分でホテルを探し、領収書を予約サイトにおくり、返金の承諾確認などでかなりの時間を費してしまった。

中国では、安宿または、小さな都市に関してのサイトの情報はデタラメであると断言できる。

予約サイト自体知らないと言うホテルがほとんどなのだから。

だから、予約サイトにどこから情報を取って来たか問い詰めても、ホテル側とちゃんと契約を結び提携してるとしか回答がない。

正直話にならない。


この時期は、気候が最高なので窓を開けて夕方までリラックス。

夜、近くの公園を散歩。

f:id:masahiro75130:20180903105002j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105137j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105100j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105118j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105158j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105220j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105239j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105259j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105315j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105340j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105351j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105504j:plain

f:id:masahiro75130:20180903105517j:plain


夜景がキレイ。

相変わらず、みんな運動している。


終わり)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村