a
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイアして自由な人生を!

セミリタイアや投資の事について感じたことを書きたいと思います。

投資における割高、割安の基準とは?②

先日、上記タイトルの記事を書いたが割安の基準しか書いていなかったため今回は割高の基準に関して。

必ずその基準で売却するわけではないが、
①per 22から25倍位。20倍過ぎたら買い増したいとは思わない。
もちろん、特別損失や特別利益は含まない純利益を基準にして。

②配当率 2%から2.5%以下。

③過去5年位の年間平均配当成長率が低いまたは、著しく低下した場合。目安として3%以下。

自分保有株だとwmtやtなど。
まぁ、tは配当性向が元々高く配当成長が低いがその分、配当率が高いのでまだ我慢できる。 

しかしwmtは、まだ配当性向が低いので、配当を増やそうと思えば可能。
この辺の資本政策は経営側がベストと考える方法を採用しているはずだが、wmtは最近あまり自社株買いをせずに余ったキャッシュフローで借金を返している。この低金利でその必要はあるのかな?因みに他の保有の多くは借金して自社株買いをしている。その辺の差も株価に現れている気がするのだが…


PBRは気にしない。ROEは高いほどよいが最低7%位。通信や自動車業界のように設備といった固定資産が多くなれば当然ROEは低くなるので一概には判断できない。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村